Archive for 1月 4th, 2010

実は、イマジョー君に感動した。アニソン紅白前に。

月曜日, 1月 4th, 2010

imajyo-1.jpgImage268.jpgイマジョー君。
サイキックラバーのギタリスト。大晦日、アニソン紅白に出る前に時間を合わせて久し振りの再会。

彼のブログに出ているけど、彼は難病にかかって大きな手術を行なったばかりなのである。

ギタリストは特殊な職業で、細かく弾きながら頭を振ったりして、一部の脳の中の神経がとっても太くなってしまうことがある。

その影響で彼の右手が上手く動かなくなり、ピッキングが出来なくなってきて、リフ(リズム)を刻むことも難しくなってしまったそうだ。そんな彼は【ジストニア】という病気になっていたのだ。症状の進行に悩んで自分の心にしまっていたらしいのだが、インターネットで症状を検索。その症状がジストニアにあてはまるので、病院に行ったらしい。

病気は難病で限られた医者しか手術が出来なかったそうだ。その手術が脅威なので驚いた。

麻酔はするけど、部分麻酔(頭部だけで、意識は確実にアル)。それも脳の手術であるから頭に穴を開けての意識があるまま。さらに驚くことにギターを弾きながら手術を行ない、手元の動きや音を確認しながら手術したそうだ。頭に注射を打ち、ゴリゴリ頭の骨を削ってパコッとあけたそうだ。まるで頭上で道路工事をしているようだったそうで、聞いているだけで若干寒気がする。しかし、ギターを手術に持ち込むって凄い光景である。

その後何かを頭に棒のような物体を入れて手術が開始されたそうだ。

僕も検査入院~バリウムや、ポリープ内視鏡手術の経験があるけれど、彼の勇気には本当に頭が下がる。

手術なのだから100パーセントの成功、果たして何処までが成功なのかを考えると、彼の手術を選んだことは物凄いことである。ギターを弾くギタリストとしてか命か、まさに命を懸けた手術だったようだ。

写真もあるのでブログも見てください。http://blog.excite.co.jp/imajo/

そんな彼は元気よく、傷跡も拝見させて貰い、アニソン紅白に向いました。

この手術の場面ややり取りを番組で公開できないのか?交渉しました。世界中の難病の人が勇気付けられると思ったし、そんな戦いを乗り越えたイマジョー君を応援したいと思いました。