The Killing Red Addiction LIVE in Los Angeles

The Killing Red Addiction

The Killing Red Addiction

D.Tommy .Vocal
TATSU.Guitar
TAIJI.Bass
KENZI.Drums

LAに来た。到着後、アメリカで3本のミーティングをこなし、サンセットストリップで行われる、THEウイスキーでのライブに向かった。

ここ会場で、まず最初に会ったのが某雑誌Cの社長であった市村氏だった!

僕は一瞬絶句。。。あ~!!あの2年前の出来事(喧嘩)から、連絡が付かなくなって日本からいなくなってしまった人物だ。

でもここはおおらかなアメリカ・LA。何事もなく以前の仲良しモードに突入した。

しばらく話して、楽屋に向かった。まだ、本番までは長い待ち時間があったため、トミーは楽屋で寝ていたがメンバーと挨拶を交わしオープニングが始まるLIVE会場に入った。彼らのライブは夜10時からだった。

ライブは沢山のローカルオーディエンスが詰めかけ、初ライブは盛大に無事終了。TommyのMCは英語で観客もわかりやすかったのだ。

KENZIのオープニングパフォーマンスで(ケンちゃんが結構ステージでやる蛍光灯バージョン)、僕の近くにいた若い白人の女の子2人は若干失神寸前になって震えていたけれど(笑)LIVEが始まったら元気になった。

ライブ終了後、皆で近所のダイナーに行った。そこで、ギャングが喧嘩しはじめた。

グワシャーン!!でっかい花瓶が倒れたり、テーブルナイフを振り回すギャング。

しばらくするとパトカー(シェリフ)保安官がたくさん登場。何人かのプレス関係者の中で、ヘッドロック渡邉さんが何気に現場をVTR撮影しようとして、みんなから止められてた。相変わらず事件には目が無い性分なんですね~笑。

でも、メンバーはお構いなく、楽しく盛り上がったりして、今までのキャリアや経験値と危なさの対応力は流石だった気がする。

TATSUいわく、これからはダイナマイトトミーではなく、Atomic Tommyで行こう!となり、おそらく改名となるだろう!!?

すでにパワーアップしたメンバーたちはこれからが楽しみ!

アメリカから写真が上手く上がらないので後でアップします!

Comments are closed.